【餓狼MOW】B.ジェニー -解説-

この解説は個人的な感想です。

「B.ジェニー」はこんなキャラ

餓狼MOW最強の一角と言われるジェニー。通常技・必殺技共に性能がよく、何よりも操作しやすい。対空性能は頼りないが、攻めに関しては地上・空中問わず強い。特に「ディ.ハインド」「ハリア.ビー」は性能が高く、多彩な攻めが強さの要となっている。

地上ではフェイント技を挟んだコンボが凶悪で、↓+AC同時押しは動作フレームが8Fと、全キャラ中一番短い(北斗丸と同率一位)。超必殺技も突進技・対空技・ガードキャンセル技と、相手も迂闊に攻めづらい高性能な技を備えている。

しゃがんだ時の髪をかき上げる仕草がセクシー
必殺技には風を巻き起こすものが多い

立ち回り

遠立A、屈B、近立C、屈C、ジャンプC、ジャンプDあたりが強い。

遠立Aはリーチが長く、キャンセル可能で牽制技としての性能が高い。屈Bもリーチが長く、弱ディ.ハインドにつなげることができる。さらにガード時はブレーキングすることで隙を軽減させることができる。ヒット時はゲージが溜まっていればオーロラを狙っていこう。

近立Cは発生が早く連係に組み込みやすい。フェイント技でキャンセルし、再度近立Cや飛び込みでプレッシャーを与えていこう。近立Dも同様に性能が高い。
屈Cはリーチが長くキャンセル可能。攻撃の戻りも早く、屈C ≫ 立A ≫ 必殺技or超必殺技といった連係も可能。間合いによって近立Cと屈Cを切り替えていこう。

飛び込みは基本ジャンプCが強い。2段攻撃でガードキャンセルで迎撃されにくい。相手も飛び込めば空中投げに移行することも可能。ジャンプDは下方向に強くめくり性能がある。ちなみにジャンプBは横判定が強く、空対空なら頼れる攻撃だ。

ジャンプCは隙を生じぬ二段構え
ジャンプDにはめくり性能がある

強さの要「ディ.ハインド」を理解しよう

隙が小さく、連係能力も高い必殺技「ディ.ハインド」。弱強を使い分けることで戦略の幅が広がる。

弱ディ.ハインドは主に連係用で、立Aや屈Bをヒットさせたときにコンボに組み込もう。ガードされた際はブレーキングすることで隙は小さくできるが「※強制停止技」で反撃を受けてしまう。相手キャラとゲージに注意しよう。

強ディ.ハインドはコンボ向きではない。発生こそ遅いが突進能力が高く、相手の下段攻撃を避けつつ距離を詰めることができる。強引に間合いを詰めるにも有効な手段だ。
ブレーキング時はガードされてもジェニー側が有利状態となる。画面端に追い詰めれば、強ディ.ハインド ≫ 屈C ≫ 強ディ.ハインドと、プレッシャーを与えつつガードクラッシュを狙っていこう。

※強制停止技:0Fで発生する技。ロックの「潜在能力シャインナックル」、牙刀の「零牙」などが挙げられる。

ディ.ハインドの弱強を使い分けよう
浮いたらオーロラで追撃だ

画面端まで追い詰めろ

ジェニーの必殺技はリーチが短いものが多い。画面中央では相手を浮かせた際にオーロラくらいしか安定して決めれる技がない。しかし、画面端に追い詰めれば「ディ.ハインド」「ハリア.ビー」の性能が活きてくる。さらにフェイント技を利用したコンボや起き攻めなど、画面端こそジェニーの強さが発揮される。

相手の反撃には、↓↙←の入力を仕込んでおくことで、ジャストディフェンス時にクレイジーイワンで吹き飛ばそう。他にもバックステップで相手の攻撃をかわしつつ、ハリア.ビーで急接近と間合いを制しよう。低空ハリア.ビーをうまく活用することで、地上・空中・低空と三方向の攻めが可能となる。
※低空ハリア.ビーに関しては必殺技の解説にて

画面端ではガンガン攻めてガードクラッシュを狙おう
ハリア.ビーも隙が小さく攻めに有用だ

特殊技・必殺技解説

特殊技

スーパージャンプ

↓↑

いわゆる大ジャンプ。残像を引きながら通常より高くジャンプする。前・後・垂直、すべてに適用される。

必殺技

バッフルズ

↓↘→+AorC

風の渦を走らせる飛び道具。発生は若干遅く弱は飛距離も短い。牽制としては使いづらいが、持続時間が長いので相手の起き上がりに重ねていこう。

クレイジーイワン

↓↙←+AorC

風を纏い相手を吹き飛ばす必殺技。弱は発生が早く弱攻撃からつながる。発生後の隙も小さく、攻め・守りに使える頼れる技。遠距離ではゲージ溜めに有用。強は少し前進するものの発生が遅く使い道が難しい。

ガルフトマホーク

↓↙←+BorD

高く跳び上がり、かかと落としを繰り出す中段技。タイミングによっては相手のジャンプ攻撃を迎撃したり、下段を攻めつつ不意を突いて中段を狙うといった使い方ができる。

ディ.ハインド

↓↘→+BorD(ブレーキング対応)

前方にステップしながら膝蹴りを入れ、上空に巻き上げる技。発生が早くブレーキングすることで隙がほとんど無い状態になる。近距離ヒットで相手を浮かせることができ、浮いた相手にクレイジーイワンやオーロラでの追撃が可能。発生時に下段攻撃を避ける能力もあり、相手の下段牽制に合わせて使うことも有効。

ハリア.ビー

空中で↓+BorD連打

空中から降下しながら蹴りを繰り出す技。ボタンの連打数でヒット数が変わる。最大4ヒットまで受け付け、1ヒットでのけぞり、2ヒットでダウン、3ヒットで浮かし、4ヒットで蹴り飛ばしとなる。ヒット・ガード時問わず3ヒットで止めることがオススメ。ヒット時は浮いた相手に追い打ち、ガード時は隙が小さい状態となる。

低空ハリア.ビー

低空で出したいときは、下段避け攻撃(AB同時押し)の攻撃発生前、バックステップ、↓を先行入力する↓↑+BorDなどの方法がある。

T.O.P.

ローリングサンダー

T.O.P.状態中にCD同時押し

技名を叫びながらサマーソルトキックを浴びせ、蹴りで急降下する技。ディ.ハインドブレーキングから大ダメージを狙える。

超必殺技・潜在能力

メニメニトーピードゥ

↓↘→↓↘→+AorC

前方に突進しながら連続蹴りを浴びせる技。発生が早く、屈Cからキャンセルなしでつなげることができる。C(潜在能力)は回転しながら突っ込み、ヒット数が大幅に増える。また、削り能力も高い。

オーロラ

↓↘→↓↘→+BorD

上空に舞いながら多段ヒットする技。対空性能が高く、相手のジャンプ攻撃に合わせたり、切り返しなどに使える。弱ディ.ハインドブレーキングからつながりやすく使い勝手がいい。D(潜在能力)はヒット数が増える。無敵時間が短い為、タイミングが重要。

アンニュイ・マドモアゼル

ジャストディフェンス中にA・B・C

唯一のジャストディフェンス対応技。成功するとハイヒールでひたすら殴り続ける。空中攻撃からのジャストディフェンスだとカス当たりになってしまう。地上攻撃から狙っていこう。

連続技・コンボ

基本コンボ

基本コンボ①|ゲージなし

ジャンプC ≫ ↓+B ≫ ↓↙←+A

ジェニーの基本コンボ。画面端ならクレイジーイワンをディ.ハインドに変えても可。

基本コンボ②|ゲージなし|画面端限定

ジャンプD ≫ ↓+D・D・D・D ≫ ↓↘→+B

ハリア.ビーを3ヒット目で止めることがコツ。ゲージがあればオーロラの方が安定して決まる。

基本コンボ③|ゲージなし|画面端限定

↓↘→+D(ブレーキング)≫ 空中で↓+D・D・D・D ≫ ↓↙←+A

ハリア.ビーを低空で出すには、ジャンプ前に先行して↓を入力しておく。↑を入れた直後にDを押すことで低空ハリア.ビーが成立する。

基本コンボ④|ゲージあり|画面端限定

↓+B ≫ A ≫ ↓↘→+B(ブレーキング)≫↓↘→↓↘→+B

ディ.ハインドは間合いが離れると1段目がヒットしない。画面端以外では弱攻撃は1段にとどめた方が良い。

基本コンボ⑤|ゲージあり|画面端限定

ジャンプC ≫ ↓+C ≫ A ≫ ↓↘→↓↘→+C

立Aからメニメニトーピードゥのコマンドは、ほぼ間に合わない。立A時に↓↘→を入力する必要があるが、↓↘→+Aだとバッフルズに化けてしまう。そのため、↓↘→+AD同時押しと入力する。ボタンの優先順位よりAが発生し、さらにコマンド技が出ることもない。そこから↓↘→+Cで潜在能力メニメニトーピードゥを出すことができる。
また、立Aを挟まなくても、屈Cからキャンセルなしでメニメニトーピードゥにつなげれる。安定したコンボを狙うならそっちがオススメ。

フェイント技を活用したコンボ

フェイント技を活用したコンボ①|ゲージなし|画面端限定

C ≫ ↓+AC同時押し(フェイント)≫ ↓+AB同時押し ≫ ↓↙←+A

↓+AC同時押しのフェイント技は、動作フレームが8Fと短い。上段避け攻撃はリーチが長く発生も早い。コンボの中継ぎとして優秀。

フェイント技を活用したコンボ②|ゲージあり|画面端限定

D ≫ ↓+AC同時押し(フェイント)≫ D ≫ ↓+AC同時押し(フェイント)≫ ↓+AB同時押し ≫ ↓↘→↓↘→+C

上段避け攻撃(↓+AB同時押し)を出す前に、↓↘→を先行入力しておくことがコツ。↓+AB同時押しから↓↘→+Cで、潜在能力メニメニトーピードゥを出すことができる。
立Dを安定してつなげるために、フェイント後に少し歩く必要がある。ちなみにダッシュと組み合わせることで、理論上永久コンボになる。

私の実力では以上のコンボが精一杯です。ネタ的なコンボより初中級者向けの実用性を重視しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です