【幕末浪漫第二幕 月華の剣士】基本システム

基本操作

弱斬りA
強斬りB
蹴りC
弾きD
ダッシュ→→
バックステップ←←
小ジャンプ一瞬だけ↖or↑or↗方向に入れる
投げ近距離でCD同時押し
受け身吹き飛び中にD
ダウン回避ダウンする瞬間にD
弾き立状態でD
下段弾きしゃがみ状態でD
空中弾き空中でD
ガードキャンセルガード中に←↙↓+D(剣質ゲージ消費)
ガード不能攻撃BC同時押し(剣質・力)
打ち上げ斬りBC同時押し(剣質・技)
挑発スタートボタン

弾き

Dボタン

「弾き」には立ち・しゃがみ・空中の3種類があり、立ちは下段攻撃以外、しゃがみはジャンプや中段攻撃以外、空中はジャンプ中に相手を弾き、硬直させることができる。さらにDを押した瞬間のみ超奥義を含めた必殺技を弾くことができる。しかし、相手が何もしてこなかった場合はスキだらけになるため、使うタイミングは重要である。

上段弾き立ち状態でD
下段弾きしゃがみ状態でD
必殺技弾きDボンタンを押した瞬間の白く光った状態
空中弾きジャンプ中にD
ガードキャンセル弾き相手の攻撃をガード中に←↙↓+D(剣質ゲージ消費)
弾き操作一覧

空中受け身・ダウン回避

相手の攻撃をくらって吹っ飛んでいるときに、Dで空中受け身、地面にダウンしたときにDでダウン回避をすることができる。空中受け身後は空中ガード以外のすべての行動がとれるが、逆に追加攻撃をくらうリスクもある。ダウン回避はダウン追い打ちを回避できるが、回避直後は一瞬無防備状態になるため、どちらも多様は禁物である。

超奥義

体力が全体の1/4以下のとき、または剣質ゲージがMAXのときに「超奥義」を出すことができる。技の特性はキャラによって違うが、攻撃力が高く一発逆転を狙える。

剣質

このゲームの最大の特徴でもある「剣質」。この「剣質」には3種類あり「力」「技」「極」と分類される。それぞれの特徴は以下のとおりである。選択した剣質により使用可能な技やシステムが変化し、キャラクターによっては一部の技の性能も変化する。

特徴

  • 攻撃力が高く、通常技に「ケズリ能力」がある。
  • 剣質ゲージMAX状態or体力ゲージ赤点滅時に「超奥義」が使用可能。
  • 一部の必殺技から、超奥義にキャンセルがかけられる「昇華」が可能。
  • 剣質ゲージMAX状態であり、体力ゲージ赤点滅時に「潜在奥義」が使用可能。

昇華

必殺技を「超奥義」でキャンセルする、これが「昇華」である。「昇華」できる必殺技は各キャラごとに決まっている。昇華に対応している必殺技は、コマンド一覧で(昇華対応)と表記されている。

潜在奥義

体力が1/4以下で、さらに剣質ゲージがMAXのときに「潜在奥義」が使用できる。条件が厳しいだけあって「超奥義」よりもさらに強力で派手な大技を放つことができる。一度使用すると剣質ゲージが再度MAXになるまで使用できないため、確実に狙っていきたい。

特徴

  • 通常技を上位の技へつなげる「連殺斬」が使用可能。
  • 剣質ゲージMAX状態or体力ゲージ赤点滅時に「超奥義」が使用可能。
  • 剣質ゲージMAX状態時に「乱舞奥義」が使用可能。

連殺斬

「連殺斬」とは、通常技で通常技をキャンセルして次々と攻撃をつなげていく、というものである。基本的には「←+A・A・A・B・→+B」とつなぐことができる。Bを当てたときに必殺技・超必殺技をキャンセルさせることも可能である。

乱舞奥義

「乱舞奥義」は剣質ゲージがMAXのときに「↓↓+AorB」で出すことができる。乱舞のルートによりボタンやレバーを決まった順番で入力していくシステムとなっている。乱舞奥義は技の発生が遅いので、連続技に組み込むことが難しい。しかし、発動時に押すボタンによって最初の攻撃を中段(A)か下段(B)の二択を仕掛けることができる。
また、乱舞奥義には分岐があり、途中に中段や下段を選ぶことができる。発動時の二択をガードされても、まだヒットさせるチャンスは残っている。分岐は4種類あり「通常ルート」「下段ルート」「打ち上げルート」「特殊ルート」がある。入力の順番を覚えるのは大変だが、確実に完走させるためにぜひ覚えておきたい。

選択方法

剣質選択画面で「技」にカーソルを合わせてCボタンを6回、「力」にカーソルを合わせてBボタンを3回、「技」にカーソルを合わせてCボタンを4回を4秒以内に入力。

特徴

  • 攻撃力がやや高めで、通常技に「ケズリ能力」がある。
  • 「連殺斬」「昇華」が使える。
  • 剣質ゲージMAX状態時に「乱舞奥義」が使用可能。
  • 剣質ゲージMAX状態or体力ゲージ赤点滅時に「超奥義」が使用可能。
  • 剣質ゲージMAX状態であり、体力ゲージ赤点滅時に「潜在奥義」が使用可能。
  • 防御力が低く、剣質ゲージが溜まりにくい。

剣質「極」は、剣質「力」と「技」が融合したような性能を持つ。それぞれのシステムが使え、「技」の連殺斬から「力」の昇華までつなげることが可能。
欠点は防御力が低いことと、通常技をガードさせても剣質ゲージが溜まらないことなど、全体的に剣質ゲージが溜まりにくくなっている。